道路や高速道路を走行すると雨や強風の影響を受けたり、強い紫外線などが原因で自動車のボディーが傷んでしまいます。
専門店にコーティングの施工をしてもらうことで、大切な自動車を傷や汚れから守ることが出来ます。面倒なワックス掛けが必要なくなるので、手間や時間を省きたい人にお勧めです。
数多くの専門店が存在するので高い技術を持った、スタッフが在籍をしている所を選びましょう。大切な自動車を長持ちさせたい人にお勧めです。

車のコーティングって絶対に必要?メリットを解説

車のコーティングって絶対に必要?メリットを解説 ミニバンや高級セダン、輸入車などは300万円を超える商品が多いので、大切なボディーを傷や汚れから守るためにコーティングの施工を行っている人が増えています。
以前はワックス掛けが主流でしたが、現在はコーティングのほうが手間や時間を節約できるので人気です。通勤や通学をしていると雨や強風の影響を受けたり、飛び石や紫外線などでダメージを受けやすいです。
信頼できる専門店にコーティングの施工をしてもらうことで、ワックス掛けが必要なくなります。
コーティングの種類には撥水や親水などの種類があるので、用途に合ったほうを選ぶと良いでしょう。大切な自動車を傷や汚れから守り、美しい外観を維持することが出来ます。
信頼できる専門店を選んでおくと、高い技術を持ったスタッフが施工を行うので安心です。

車のコーティングは必要ないのか知っておこう

車のコーティングは必要ないのか知っておこう 車はコーティングをして汚れなどがつかないようにすることができます。しかしコーティングをするにはお金がかかってしまいます。
そのため、コーティングは必要ないと感じている人もいるのではないでしょうか。基本的に車のコーティングはしたほうが良いです。
その理由ですが、洗車がかなり楽になる、輝いた車になる、本体の価値が上がるからです。
基本的に何もしない状態のまま放っておくと車は劣化します。傷や雨の汚れなどによって見た目が汚くなってしまうので注意をしましょう。車をコーティングしておくと次のようなメリットがあります。
例えば洗車が楽になるので非常に便利です。傷が表面に入った車は、その隙間に汚れが溜まってしまいます。
そうなると汚れが落ちにくくなるので注意が必要です。一度処理を行っておけば、軽い水圧だけで車の表面に付着した汚れは取り除くことができます。
さらに年間の洗車時間も52時間ほど短縮する事ができるといったメリットもあります。
他にも泥や小石が飛びはねてドアなどに傷ができてしまうといった問題も回避可能です。 車をいつまでもきれいな状態のままにしておきたいのなら、樹脂やフッ素成分処理を本体に施しておくのが良いです。

コーティングの種類について簡単に説明します

コーティングの種類について簡単に説明します。コーティングには主に5種類あります。
油脂系のものは、油が水を弾く性質を利用したワックスです。簡単に行える上に安く購入できますが、熱に弱く汚れが付きやすいうえに効果の持続性が2週間程度と短いです。
樹脂系も、自分で簡単に行うことができます。
塗装面に被膜をつくることで、一度の雨や熱でも落ちません。
3ヶ月半から半年ほど持続しますが、熱や紫外線に弱いので天候によって左右されます。
ガラス系は前者2つよりも長持ちし、半年程度は効果が続きます。
しかし、熱や紫外線などに弱いうえに費用が高くつきます。
自分で行うこともできますが、失敗時のリスクが高いです。
ガラスのものは、ガラス特有の高い透明性のある被膜がボディを守ります。
施工時間がかかるうえに費用が高いですが、汚れを防いで塗装面を良好に保つので長期間美しさを保つ他、汚れが落ちやすいので洗車が楽になります。
専門店に依頼し、3年〜最長10年の保証期間がある場合もあります。
セラミックのものは、一度硬化すると薬品で剥がすことは出来ません。
専用のもので物理的に磨かないと剥がせないので、耐久性は他の製品に比べ圧倒的に高いです。
扱いを間違えなければ半永久的に剥離せず、車の魅力と艶を維持できます。

車のガラスコーティングのDIYとプロの価格差

ガラスコーティングは高いというイメージがあるかもしれません。
確かに、ワックスやフッ素コーティングに比べると高額ですが、耐久性が非常に高く、一度塗布すれば1~3年程度はノーメンテナンスでもOKなので、長い目で見れば決して高いわけではありません。
安いガラス系コーティングというのもありますが、耐久性は2~3か月程度なので、やはり本物にはかなわないでしょう。
ガラスコーティングの価格は、ネット通販で探すと3,000~8,000円前後のものが人気です。
専門業者で取り扱っているような商品の場合だと、1~3万円が相場です。
自分で行うと色むらになるのではないかと心配される方も少なくありませんが、面ごとにすぐにふき取るようにすれば大丈夫です。
プロに施工を依頼すると6~8万円が相場ですが、それ以上のお店も多いです。
プロと自分で行うのとの違いは主に下地処理です。
下地を綺麗に整えないと、美しい輝きは出ません。技術だけでなく、時間も手間もかかります。

色んな角度で注目して慎重にコーティング業者を選択

色んなエリアにコーティング業者があり、気軽に利用できるようになっています。
ただ満足できる結果を得るためには、色んな角度でチェックしていき、優良もしくは安心して利用できるのか見極めなくてはいけないです。
まずは支払う費用で、どのくらいの価格に設定されているのか各々のコーティング業者で異なります。
支払う費用を節約したい人はリーズナブルな価格に設定されているところを選べば、経済的な負担を減らすことが可能です。
次に依頼してからコーティングが完了するまでの時間や期間が違っているので、この部分も比較しないといけません。
スピーディーに対応しているところを選べば、あっという間に対応してくれるので心強いです。
最後にコーティングトラブルが発生した際、迅速に対応しているところなのか判断するのも必要です。
もし問題が起きても素早く対応しているところなら迅速な処置や手続きなどを実施してくれるので、いざという時に安心することができます。

自分で所有している車のボディにコーティングを施すときの注意点

車体のコーティングは、専門業者に依頼をすると数万円から数十万円の費用がかかります。
そのため、自動車ユーザーの中には、カー用品店などからコーティング剤を調達して、自分で作業をする人が少なくありません。
自分で車にコーティングをする場合は、いくつかの注意点をおさえておく必要があります。
まず、車体に塗布を始める前に汚れは完璧に落としておきます。
車の汚れは単に水洗いをするだけではなく、研磨剤やカーシャンプーなどといったアイテムを使用しなければ落としきれません。
種類によっては、一度塗って固まってしまうと、自力で直すのが非常に困難になり、専門業者に依頼しなければならなくなります。
塗布をするときの注意点は、なんといってもムラが無いようにすることです。
車体に塗るとすぐに固まり始める場合があるので、広範囲に塗るのではなく、範囲を小さくして少しずつ塗っていきます。
このようにすれば、ムラが生じたときにもすぐに拭き取ることができます。
また、拭き取るためのクロスは複数枚用意しておきましょう。
コーティング剤が固まっているクロスで拭くと、車体に傷がついてしまうおそれがあります。

コーティング剤でタイヤの艶と長寿命を手に入れよう

車のおしゃれは足元からと言いますが、ボディがピカピカでもタイヤやホイールが汚れていたり、バランスが悪かったりしたら、せっかくのぴかぴかなボディが引き立たなくなってしまいます。
新しいものに履き替えるとお金がかかりますので、まずは汚れているタイヤを専用の洗浄剤で洗ってあげると良いでしょう。
見違えるようになります。
洗浄剤の中には、コーティング成分が含有されているものもあります。
コーティング成分が含有されていると、単に汚れを除去するだけでなく独特な艶が出て黒光りします。
さらに紫外線から守り、ゴムの劣化を防ぐ効果も期待できます。
コーティングしていないと、ひび割れが発生するのは早くなってしまう可能性があります。
ひびが入ると、高速走行などでバーストしてしまう原因となりますので注意が必要です。
コーティング剤はスプレー式なので誰でも簡単に塗布することができるでしょう。
専門業者に依頼すれば、さらに強力成分を塗布してくれるので、艶と耐久性がアップします。

車のコーティングを失敗せずに自分で施工するには商品選びは必須です

自動車のボディに対してコーティングをすることが流行していますが、ガラス塗膜を形成するタイプの場合は専門店に依頼をすることが必要です。
施工にはテクニックが必要とされるので、プロによる作業ではない限りムラが出てしまうなど失敗する可能性があります。
一方で自分でも自宅で施工できるコーティング剤はあり、大手のネット通販でも販売されている商品は多く、その中にはガラス系コーティングとして販売している商品を探せます。
このタイプの場合はガラスではなくガラス系という分類になることからプロに依頼をする方法よりも耐久性は劣ってしまいますが、低料金で購入できるメリットや、洗車後に水を掛けた濡れたままのボディに施工できる商品が非常に多く、誰でも簡単に使えることを掲げているように失敗をしてしまうことはありません。
ガラス系コーティングの場合は1度目の施工では十分な効果を出せないものの、一定期間毎に2回、3回と重ね塗りをする方法で美しい輝きと防汚性を発揮させることは可能です。

コーティングは業者に依頼したほうがいい理由

コーティングは業者に委託したほうがいい場合があります。前提条件としては、プロの資格を持ったスタッフを有していることです。
必ず担当者が作業認定を持っているかどうかが重要となるのです。自分でやることと違って専用のブースや設備を使って丁寧にやってもらえるのが主な理由です。
クリスタル層など重ねぬりを丁寧にすることで、持続可能な効果をもたらせます。ベースも水垢などもともとついていた汚れを取り除くため、コーティングの効果が長く持続するのです。
また、保証期間もあるので万が一の時はやり直しを実施してくれます。ほかにも、室内清掃や消臭など車にかかわるクリーニングをサービス価格で提供してくれることも売りとなります。
コーティング技術は車体だけでなく、ガラスやミラーに対しても実施してもらえるため視界が良くなり安全運転にもつながるのです。業者に依頼することで高価にはなりますが仕上がりはプロ級なのでメリットは大きいのです。

愛車の劣化が目立つ場合は放置しないでコーティング

雨や風、埃に晒されて走る車は汚れやすく劣化が目立つ場合は早めの対処が必要です。 愛車の経年劣化を放置していると、内部機構だけでなく外装部分もダメージを受けます。
定期的にメンテナンスを行うと、愛車を保護しながら美しい外観を保てます。 ガラスコーティングには様々なメリットがあり、他の方法よりも耐久期間が長くなります。
ポリマーだと持続期間は半年程度ですが、ガラスコーティングなら平均で3年から5年は保護効果が続きます。 愛車にガラスコーティングを施すと、車体に汚れが付着しても雨水と一緒に流れ落ちます。
水洗いで汚れが落ちるのでスポンジで強く擦る必要がなく、簡単に拭き取れます。 ガラスコーティングによって薄い皮膜が形成されると、走行中の傷も防ぎます。 車の走行中は埃や砂が原因で傷が付きますが、塗装面が保護されていれば艶のある美しい状態を長く保持できます。
塗装面の状態が良好だと、愛車の売却時も良い条件で売りやすくなります。

車の種類や塗装面の状態によって変わるコーティングの施工時間

自動車のコーティングにかかる時間は、車の種類や塗装面の状態によって変わってきます。軽自動車のようにコンパクトなつくりの車であれば、一般的な普通自動車に比べると短時間で済みます。逆にワンボックスカーのようにボディサイズの大きな車は、多少長めにかかると考えておいてください。
塗装面の状態については、新品に近い状態であればすぐに終えることができます。表面の状態が光沢を出すのに適しているため、前処理をそれほどしなくても作業に取り掛かることができるからです。
一方で購入してからかなり年月の経った車ともなると、下地処理や研磨などの作業が必要となるため、コーティングの工程に別の施工が追加されることで長くなると想定しておいてください。
具体的には、サイズが一般的な普通自動車であれば、150分ほどで作業が完了します。サイズが大きい車ともなるとさらに30分ほど追加と考えておいて良いでしょう。
コーティング後には乾燥の工程もあるため、長い場合には360分ほど車を預けることもあります。

ガラスコーティングの購入方法と対象の商品に多い一般的な施工手順

愛車に対してガラスコーティングを施すことは人気がある方法ですが、施工に関しては専門会社に依頼をする方法では効果は長続きするものの安くても6万円以上の費用が掛かるので、自分で購入をして自宅で施工することを検討する方も少なくはありません。
この場合では大手のECサイトで探せばかなり豊富な数の商品が販売されているのですが、選び方はガラス系と表記されているコーティング剤の中から口コミの良い商品を選べば後悔してしまうことは無くなります。
実際に人気の高いガラス系コーティング剤は簡単に探すことができ、施工に関しても初心者でも簡単に行えるようにメーカーが工夫をしていることも特徴的です。施工手順は洗車を徹底的に行い、水垢や鉄粉の除去などを済ませた上でボディにシャワーホースで水をかけて洗い流します。
ボディには水が付着をしている状態で、購入したガラスケーコーティングをパーツごとにスプレーをしながら商品に同梱されているマクロファイバータオルで拭き取りをするというシンプルな方法で済ませられます。
かつてのワックス系はボディの水滴を全て拭き取ってから施工することが必要でしたが、この手間が不要となりムラが出来ないことも作業性の良さを発揮しています。

カーコーティングは誰が施工するのかが大事

カーコーティングは誰が施工しても同じではなく、誰が施工するのかによって仕上がりが違ってくるのではないでしょうか。その理由としてはコーティングの前に洗浄や下地を作る作業があること、本作業の丁寧さが仕上がりを左右することにあります。
汚れの上にコーティングをしても浮いて剥がれてしまうので、前工程の洗浄は特に大切だといわれています。水道水を使うと水に含まれるミネラル分が残るので、水垢ができてしまいます。そこにコーティングをしても定着しませんから、時間の経過と共に浮いて剥がれることになります。ミネラル分を含まない純水を使って洗浄してから施工すると、しっかり密着して定着するので剥がれにくいです。しかも透明感のある仕上がりになりますから、古い車もまるで新車のように見えます。誰が施工するのかについては、技術と経験が物を言うので実はとても大事なことですし、評判の良いお店のスタッフはやはり、資格を持っていたりコンテストの優勝経験などがあるのではないでしょうか。

車のコーティングの種類は?手間の違いでどのような差があるのか

車をいつまでも美しく綺麗な状態で乗りたいと思っているドライバーも多いと思います。そんな方々に洗車の仕上げに施すことで車のボディを汚れや小傷などから守ってくれるコーティングがあります。
一言にコーティングと言っても洗車機を通してあっという間に完了するものがあれば、整備士が手作業で丁寧に時間をかけて施工してくれるものもあります。この手間の違いによってどのような差があるのか気になるところです。コーティングには、「ワックス」や「ポリマー」「ガラス系」などの種類があり、それぞれ特徴や施工にかかる金額が異なります。まず手間がかからない洗車機などのオプションとして用いられていることが多いワックスやポリマー系は低価格で手軽に塗布できる分、艶や保護効果が半月?3ヶ月と効果持続期間が薄いことが特徴です。 それに対して整備士などが専用工具でしっかり下処理などをして施工するガラスコーティングは、手間がかかる分金額も高いですが、より艶やかなボディの輝きや数年単位で持続する保護効果の耐久性があることが施工に要する手間の違いになります。

車の2回目以降のコーティングは同じで良いのか考えることが大切

2回目以降にするカーコーティングは、前回と同じで良いのか考えて決めることが大事ではないでしょうか。満足したところと不満を覚えた部分を出して天秤に掛けると、今回のコーティングも同じで良いのかという疑問の答えが見えてきます。
不満点が上回るなら検討し直すべきですし、ほぼ満足なら同じお店の同じコーティングでもまた満足できると考えられます。安さや施工に要する時間など、コーティングを検討するポイントは複数ありますが、安くても満足できたり高くても価格ほどの価値を感じなかったりします。実際に施工してもらわないと分からないこともあるので、やはり一度経験したことは次の判断の大きな材料になります。仕上がりが不満ならお店や施工する人を変える、耐用年数に不満であればグレードを上げるなどの選択ができます。ポリマー系をガラス系にしたり、セラミック系を試すこともできますから、最初の施工経験を次に活かして決めるのが良いのではないでしょうか。

コーティングは車体の保持に必要なひと手間

車のボディや足回りに施されるコーティングは、色やツヤなど車体の保持に必要不可欠だといえるのではないでしょうか。
コーティングは汚れをつきにくく、楽に落とせるようにしたり、小さな傷を防ぐ効果があります。ガラス質の素材は車体にツヤが与えられますし、透明感があるので新車の美しい車体の保持に役立ちます。中古車や長年乗っている車はコーティングをしても新車同様にはなりませんが、徹底的な洗車をして必要に応じた補修をすれば、状態を新車に近づけることは可能です。コーティングはその時の状態を長持ちさせる方法なので、なるべく新車が納車された早期のタイミングで施工するのが望ましいです。また種類によって耐用年数がありますから、定期的に再施工を行うことも大切です。汚れを見付けたらすぐに取り除くべきですが、ゴシゴシと擦ったり、強力な洗剤を使用しないのが原則です。扱い方によって長持ちするかどうか決まりますから、施工後のケアも大切ではないでしょうか。

車体の保護を行えるコーティングの依頼先と自主的に行う方法

以前は自動車のボディに対しては、洗車を済ませた後にはワックスを塗ることが流行していましたが、現在では進化をしておりガラスコーティングを施工する方法があり、車体の保護も行えるメリットがあります。
ガラスコーティングの場合は、ボディ表面にガラス層を固着させることができるので、新車であっても新車以上の輝きを発揮できる他、傷や鳥の糞から保護することもでき、汚れが付着しても簡単な水洗いで汚れを落とすことが可能になります。雨降りの日には効果を感じることが多く、駐車場に停車させていても雨によって汚れを自動的に落とせる効果も感じられます。専門会社に依頼をする方法では、本格的なガラスコーティング剤を使うので最大で5年耐久を可能にしています。経費削減を希望する方は、大手ECサイトで販売されているガラス系コーティング剤の優れた商品を探せるので、自宅で施工する方法で経費削減を行えます。ガラス系の場合では、本格的な専門会社とは耐久面に劣るものの、3か月に1度など重ねて施工することで強固な塗膜を形成し車体の保護にも効果を発揮します。

新車購入時にコーティングを行うと料金を安く抑えられる理由

新車を購入する際にコーティングを施すことは多くのメリットを持っています。
なかでも注目すべきポイントは、コーティングにかかる料金を抑えることが可能であるという点です。
新車のボディは、まだ傷ひとつない完璧な状態であり、そのため下地処理が最小限で済むのです。
コーティングの工程の一つである下地処理は、傷を取り除いたり表面を均一にするために行いますが、この作業が簡単であればあるほどコストは削減されます。
また、新車の状態でコーティングを行うと、塗装されている表面を長期間守ることができます。
これにより、洗車の回数を減らしたり、小さな傷や汚れから塗装を保護することにつながり、結果としてメンテナンス費用を節約することが可能になります。
車体を長く美しく保つことで、将来的な転売価値の向上にも寄与することでしょう。
コーティングは様々なタイプがあり、選択する素材や性質によっても料金が異なりますが、新車購入時にディーラーや専門店でセットプランとして提供されることも多く、通常よりもお得に施工することがほとんどです。
新車をきれいな状態で長く維持するためにも、購入時にコーティングを検討すると良いでしょう。

中古車コーティング前の重要工程:ポリッシャーによる研磨の必要

中古車の購入を決めた際に気になるのが、その車の外観です。
長年使われていた車は、小さな傷や塗装の劣化が目立つことがあります。
こういった状態を改善するためにも、コーティングは非常に有効です。
コーティングを施すことで、車の塗装を保護し長持ちさせることができるのです。
しかし、コーティングを行う前には、車の表面の状態に注意する必要があります。
特に中古車の場合は、新車の時と比べて塗装表面に微細な傷が付いていることが多いため、コーティング剤が均一になじむように事前にポリッシャーによる研磨を行うことが推奨されます。
ポリッシャーを使用して研磨することによって、塗装表面の傷を修復し、洗練されたツヤを取り戻すことが可能です。
この研磨作業は、コーティング剤が車の表面に密着しやすくするためにも重要であり、その上でコーティングを施せば、より一層効果が望めるでしょう。
時と共に起きる自動車の様々なダメージを未然に防ぐため、コーティングは大変有効な手段ですが、その効果を最大限に発揮するためにも、事前の研磨作業を正しく行うことが不可欠です。
ポリッシャーでの丁寧な研磨作業を経て初めて、コーティングによる本来の性能を車にもたらすことができます。
そのためにも、コーティングを検討する際には、研磨作業についても忘れずに行いましょう。

プロショップ依頼で実現する車のコーティングと耐久性の秘密

愛車を保護するためのコーティングは、自動車メンテナンスで非常に重要なプロセスです。
プロショップに依頼することで、高品質のコーティング施工が可能となり、車の耐久性を格段に向上させることができます。
コーティングの主な役割は、塗装面を固い膜で覆い保護することです。
これにより、小石の飛散や鳥の糞、紫外線から車を守り、塗装の輝きを長期間維持することができます。
専門のプロショップでは、最新の技術と高品質のコーティング材料を用いて施工されます。
これにより、市販のコーティング剤を自分で施工するよりも長く、優れた保護効果を実現します。
また、プロの技術者による丁寧な下地処理と施工が、コーティングの品質を決定づけます。
耐久性だけでなく、美観を保つためにもコーティングは必須です。
普段の洗車もコーティングによって容易になり、水滴の残りにくさや汚れの付着防止効果が期待できます。
品質の高いコーティングは、長期間その効果を保持し、個々のライフスタイルや使用環境に応じて車を守り続けます。
車をいつまでも新品同様に保ちたいのであれば、プロショップにコーティングを依頼することを強くおすすめします。
継続的なメンテナンスと合わせて、プロによるコーティングはあなたの車の価値を高め、長く愛車との良好な関係を維持する鍵となるでしょう。

自宅で簡単に実現!コストを抑えるガラス系車コーティングの魅力

車を長く美しく保つためには、日々のお手入れが欠かせません。
特に外装の維持には、コーティングが有効な手段として知られていますが、専門店での施工にはそれなりの出費が必要です。
しかし近年、自宅でも簡単に施工できる製品が数多く登場しており、コストを抑えつつ車を保護する方法として注目を集めています。
ガラス系コーティングは、その名のとおりガラス成分を主としたコーティング剤です。
高い耐久性と光沢を提供し、小さな傷から車体を守りながら、撥水性に優れた状態を長期間維持します。
自宅で作業することの最大の魅力は、専門店に比べてコストパフォーマンスに優れている点でしょう。
購入後の継続しての使用により、トータルでのコストを抑えることができるのです。
また自宅でのコーティングは、時間を気にせず自分のペースで作業が行えるメリットもあります。
専門の知識や高度な技術を必要としない製品が多く、初めての方でも取扱説明書を参考にしながら、手軽に施工することができます。
こうした手軽さから、車を愛する多くのオーナーたちが休日のひと時を利用して自宅コーティングにチャレンジしているのです。
自宅であれば、愛車をじっくりと観察しながら、こだわりの手順で進めることができます。
それにより、一層車との絆を深める時間ともいえます。
自分だけのタッチで完了したコーティングは、車に対する満足感をより一層高めてくれるでしょう。
輝く車体は所有者の誇りです。
費用と手間をかけずに、車を美しく保ちたいなら、自宅でのガラス系コーティングが最適な選択と言えます。

自宅で施工する車コーティングは重ね塗りが必要な理由

自動車の美観維持には、コーティングが非常に重要です。
特に、自宅で手軽に行えるコーティング作業は多くの愛車オーナーにとって魅力的と言えるでしょう。
しかし、なぜ自宅施工のコーティングでは重ね塗りが必須なのでしょうか。
重ね塗りには複数の目的が存在します。
を一つは、コーティングの耐久性を向上させることです。
一度のコーティングでは薄い層しか形成されないため、数日で効果が減少することがあります。
重ね塗りをすることで、コーティング層を厚く強化し、耐摩耗性を高めることができます。
次に、均一な仕上がりを実現するためです。
自宅で施工する場合、プロの施工と異なり均一に塗るのが難しいことがあります。
重ね塗りを行うことで、偏りのない均一なコーティング層を作り出せるのです。
そして、継続的な保護を提供できる点も重要です。
車は日常的に紫外線や雨風などの自然条件にさらされます。
厚みのあるコーティング層があれば、これらのダメージから塗装を守り、光沢を長持ちさせる効果が期待できます。
さらに、車のコンディションに合わせた施工が可能となります。
車によってはやや弱い部分があるかもしれませんが、重ね塗りをすることで、その部分に応じた補強が可能です。
最後に、重ね塗りは自宅施工の際に発生しがちな小さなミスを補正します。
誤ってムラになってしまった箇所も、重ね塗りを重ねることで修正することができるのです。
これらの理由から、自宅での車コーティングにおいては、重ね塗りが推奨されているのです。
愛車の美観を長く保ちたい場合は、ぜひ重ね塗りを検討してみてください。

コーティングの最新情報をもっと

コーティング 神戸

Amazon 【DETAIL ARTIST】 HYDRO 『グラフェン&チタン配合の高性能トップコート』コーティング剤 トップコート 大容量 強撥水 500ml 洗車 アロマウッドの香り ディテールアーティスト

コーティングメンテやった。 塗り込みタイプとスプレータイプ両方やったけど、ボディのツルツル具合ハンパない。

コーティング紹介動画みてたらヤモリが滑っていく動画出てきてかわいくて笑ったし、さらに注釈にヤモリの安全に配慮しておりますって記載あってさらに笑ったw

-->